The 小学校教育

アクセスカウンタ

zoom RSS 指導要領の改訂で今までの授業を変えなければならなくなるのか?

<<   作成日時 : 2017/06/27 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆ 指導要領の改訂で今までの授業を変えなければならなくなるのか?

[質問]
 今まで通りのやり方で良さそうに思うが、変えなければならないか?(小学校英語とか何とか管理職の苦心は必要でも。)

 無藤 隆先生の回答。

[ 答 ]
 指導要領の改訂で、資質・能力とかアクティブラーニングとか、確かにこれまでの良質な教師また学校がやってきたことで、改訂はそれを受け継ぎ、広げようと言っている。
 だが、そういった授業は決して多くない。10に一つくらいというのでも好意的な言い方だ。本当に主体的で対話的で深い授業を単元の一部でも実現できているのか。それはぜひ見せてほしいものだ。他の特に若い教師に広げてほしい。主体的という名の放置や教え込み、話し合いあれど対話なく、迷走し教科の見方・考え方に迫らない授業、で満足していないか。
 単元レベルで、その単元の目標、教科等の見方・考え方という単元を越えた長い目指すところ、さらに資質・能力の育成に迫っているか。その短期(単元)、中期(学期や学年)、長期(小学校や中学校の修了)での目標に近づいているか、評価してみよう。その三重の評価を行い、授業を改善する。そのためには、教科・学年を越えた授業研究会が不可欠だが、実施できているか。
 それらは、お題目ではない。実際に担当するすべての単元で実施すべきことだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
指導要領の改訂で今までの授業を変えなければならなくなるのか? The 小学校教育/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる