The 小学校教育

アクセスカウンタ

zoom RSS 調べて考える」授業

<<   作成日時 : 2017/06/29 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 現役の頃の話。
 2年目のA先生と3年目のB先生の授業を見た。
 偶然,2人とも社会の授業だった。
 A先生は「郷土をひらく」,B先生は「江戸の町人文化」の学習。
 2人の授業に共通していたこと,それは「調べて『考える』」の視点が足りないこと。
 「調べて『わかった』」では,単に知識が身につくだけで終わる。
 子どもたちは教科書や資料集,事典などを使っていろいろ調べていた。
 そして,知らなかことをたくさん知った。
 子どもたちの知的欲求はとりあえず満たされた。
 しかし,「調べて『わかった』」ことをもとに『考える』へ進めてほしい。
 『考える』ことで「思考」「判断」という学習に入っていく。
 この部分が欠けると,社会は記憶の授業といわれるようになる。
 「わかったぞ」 → 「でも,まてよ?何でだろう?」という思考回路。
 ここから学習が広がっていく。
 ふらりと参観した授業であるから,たまたま本時がこういう授業だったかもしれない。
 後で,2人にはアドバイスしておいた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
調べて考える」授業 The 小学校教育/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる