アクセスカウンタ

<<  2017年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


− タイトルなし −

2017/06/30 20:57
 「ぎょうせい」の宣伝をするつもりはないが,いろいろな書物に当たってみるのはいいことだと思う。
 その中から気に入ったものを購入すればよい。

 3月31日付官報に告示にされた小・中学校の新学習指導要領と新幼稚園教育要領につきまして、当社は実践に向けた情報、書籍の案内を発信してまいります。

 ▽教職員向け特集ページはこちら
  https://shop.gyosei.jp/user_data/edu?&mail=201706_10

          〈クリックで拡大〉
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


調べて考える」授業

2017/06/29 21:00

 現役の頃の話。
 2年目のA先生と3年目のB先生の授業を見た。
 偶然,2人とも社会の授業だった。
 A先生は「郷土をひらく」,B先生は「江戸の町人文化」の学習。
 2人の授業に共通していたこと,それは「調べて『考える』」の視点が足りないこと。
 「調べて『わかった』」では,単に知識が身につくだけで終わる。
 子どもたちは教科書や資料集,事典などを使っていろいろ調べていた。
 そして,知らなかことをたくさん知った。
 子どもたちの知的欲求はとりあえず満たされた。
 しかし,「調べて『わかった』」ことをもとに『考える』へ進めてほしい。
 『考える』ことで「思考」「判断」という学習に入っていく。
 この部分が欠けると,社会は記憶の授業といわれるようになる。
 「わかったぞ」 → 「でも,まてよ?何でだろう?」という思考回路。
 ここから学習が広がっていく。
 ふらりと参観した授業であるから,たまたま本時がこういう授業だったかもしれない。
 後で,2人にはアドバイスしておいた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本の研究授業を英米の教員らが視察

2017/06/28 21:05
 教育新聞から紹介する。

◇「日本の研究授業を見たかった」 英米の教員らが視察

 海外の教員や研究者が、6月27日、東京都渋谷区立猿楽小学校(盛永裕一校長、児童246人)を訪問。
 算数の研究授業と研究協議会を見学した。

 詳細は次のサイトを。

 https://www.kyobun.co.jp/news/20170627_03/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


指導要領の改訂で今までの授業を変えなければならなくなるのか?

2017/06/27 20:24
☆ 指導要領の改訂で今までの授業を変えなければならなくなるのか?

[質問]
 今まで通りのやり方で良さそうに思うが、変えなければならないか?(小学校英語とか何とか管理職の苦心は必要でも。)

 無藤 隆先生の回答。

[ 答 ]
 指導要領の改訂で、資質・能力とかアクティブラーニングとか、確かにこれまでの良質な教師また学校がやってきたことで、改訂はそれを受け継ぎ、広げようと言っている。
 だが、そういった授業は決して多くない。10に一つくらいというのでも好意的な言い方だ。本当に主体的で対話的で深い授業を単元の一部でも実現できているのか。それはぜひ見せてほしいものだ。他の特に若い教師に広げてほしい。主体的という名の放置や教え込み、話し合いあれど対話なく、迷走し教科の見方・考え方に迫らない授業、で満足していないか。
 単元レベルで、その単元の目標、教科等の見方・考え方という単元を越えた長い目指すところ、さらに資質・能力の育成に迫っているか。その短期(単元)、中期(学期や学年)、長期(小学校や中学校の修了)での目標に近づいているか、評価してみよう。その三重の評価を行い、授業を改善する。そのためには、教科・学年を越えた授業研究会が不可欠だが、実施できているか。
 それらは、お題目ではない。実際に担当するすべての単元で実施すべきことだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


聞いたことは忘れる 見たことは覚える やったことは分かる

2017/06/23 20:56
 PHP文庫  「効果10倍の教える技術」 から興味深い記述を紹介したい。

 老子の「聞いたことは忘れる。見たことは覚える。やったことは分かる」ということばがあります。
 老子が言ったことを数字で表したアメリカの研究者がいました。
 それは、次の通りです(数字は、記憶に残る割合を表しています)。  
  聞いたことは   10%
  見たことは    15%
  聞いて見たときは 20%
  話し合ったときは 40%
  体験したときは  80%
 ここまでは、老子が言ったこととだいたい合っています。
 それでは、「見つけたこと(発見したこと)を説明できる」のレベルは、どのような体験に相当するか想像がつきますか?  
  教えたとき    90% です。
 
                       
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学習指導要領の解説編が公開された

2017/06/21 20:08
 本日の文科省メルマガより。
 学習指導要領の解説編が公開された。
 これはぜひダウンロードして保存しておきたい。
 パソコン内にあると,何かと便利。

・小学校学習指導要領解説
 http://melmaga.mext.go.jp/c/djk01H7001F8

・中学校学習指導要領解説
 http://melmaga.mext.go.jp/c/7hY01H7001F8

          〈クリックで拡大〉
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


文溪堂の教育マガジン「hito*yume(ひと・ゆめ)」

2017/06/19 20:10
 文溪堂の教育マガジン「hito*yume(ひと・ゆめ)」が届いた。
 今号の特集は次の通り。
 ぜひ目を通しておきたい。
 なお,このマガジンはネット上から購読申し込みができる。
 もちろん無料だ。
 http://www.bunkei.co.jp/school/hitoyume/

― 次期学習指導要領に見る これからの「評価」の在り方 ―

                                   合田哲雄&角屋重樹&梶田叡一

          〈クリックで拡大〉
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新しい学習指導要領がめざす学び

2017/06/16 20:18
 今日の明治図書メルマガより。
 教育zine の「教育オピニオン」から紹介する。


新しい学習指導要領がめざす学びとは
         国立教育政策研究所 松尾知明

 新しい教育課程では、学びのイノベーションが求められている。これまでは、教科等の内容としてのコンテンツをきちんと教えることが期待されてきた。教科書を中心に指導すべき内容を考え、知識を確実に教えることが重視されてきたといえるだろう。
 それが、新しい...

 以下詳細は次のサイトを。

 https://www.meijitosho.co.jp/eduzine/opinion/?id=20170033

          〈クリックで拡大〉
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「アクティブラーニング」と「主体的・対話的で深い学び」

2017/06/15 20:14
 アクティブラーニングとは,主体的で対話的な深い学びと考えている。
 しかしイコールではない。
 集合のベン図でいうならば,アクティブラーニングが外側の大きな円。
 主体的で対話的な深い学びは内側の小さな円。

 無藤隆先生は次のようにいわれている。

 「アクティブラーニング」と「主体的・対話的で深い学び」はどこが違うか。

 「アクティブラーニング」は改革の大きな方向を指し示したものである。
 「主体的・対話的で深い学び」はその方向を実現するために、授業での具体的なやり方を示唆するものである。
 「主体的な学び」は、意欲を意志につなげ、そのため、振り返りと見透しの時間を設ける。
 「対話的な学び」は、思考を表現し、共有し伝え合うことであり、とりわけ言語表現の多様なやり方やその他の表現法を用いる。
 「深い学び」は、教科等の見方・考え方に迫るように工夫する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


社会科の授業

2017/06/13 20:07
 社会科は問題解決的な学習。
 一人一人の子どもに学習上の問題解決が成立し,確かな学力が
身につくように,それぞれの段階における指導を工夫すること が求
められる。 
 私の実践の骨子を簡単にまとめてみる。

 1 「つかむ」段階の指導
  @社会的事象と出会う場面
   ・子どもたちが具体的な事実としての社会事象に出合う。
   ・社会事象ははじめから子どもたちにとって身近なものではな
    い。
   ・出合い方が重要なポイントとなる。→ 具体的な事実を資料な
    どで示す。
  A学習問題を見いだす場面
   ・出合った社会的事象についての気づきや疑問を発展させ,学
    級全体で追究し解決する学習
    問題を設定する。
   ・写真や資料から情報をていねいに読み取り,疑問点を明確に。
   ・写真からではわからない事実をグラフなどの資料で提示し,疑
    問点を焦点化。
  B予想し,学習計画を考える場面
   ・設定された学習問題について,解決のための予想を持ち,調べ
    ることや調べ方を考える。

 2 「調べる」段階・
  → 学習計画に基づいて,見学・取材活動や資料活用などを通して
    情報を集めて読み取り,社会的事象の特色や意味を考える。
  @必要な情報を集めて読み取る場面 
   ・観察や調査,取材活動,模擬体験などの体験的な活動や資料
    収集,分析を主体的に行えるよう工夫する。
   ・そのためには何を調べるのか,どのような資料を集めてどのよ
    うな情報を入手すればよいのかなど,調べる事項と方法につい
    ての見通しをもたせる。
  A情報から特色や意味を考える(思考)場面
   ・集めた情報を比べたり,関連付けたりしながら社会的事象の特
    色や意味を考える(思考)
    場面。
   ・調べた事実を整理するだけではなく,そこから社会的事象の特
    色や意味を考える(思考)よう指
    導する。
   ・学習を通して身近なもの(自分とのかかわりを理解)になって
    いく。

 3 「まとめる」段階の指導
   ‥‥ 学習問題を振り返り,わかったことや考えたことをまとめる。
  @全体像をつかみ,わかったことをまとめる場面
   ・学習の全体像をつかみ,わかったことや考えたこと(思考)を
    振り返る場面
   ・地図や年表,関係図などにまとめて子どもに「見える」ように
    工夫
   ・情報交換や意見交換などを充実
     → 社会的事象の意味を多面的,総合的に考える(思考)。
   ・大きな概念を求める問いが設定される場合が多いため,集
    めた情報をもう一度ていねいに
    見つめ,それをもとにしてグループや学級全体で話し合い,
    何がわかったのかを確認し合
    う活動が大切。
  A自分の学習を振り返り,考えたこと(思考)をまとめる場面
   ・わかったことをまとめたあとに自分の学習を振り返って(自己
    評価)考えたことや感想などをまとめる。
   ・自分の当初の予想や考えはどう変わってきたか?学習してき
    て社会的事象と自分とのかかわりについて,あるいはこれか
    らの社会の発展についてどのように考えたか?など様々な振
    り返り方を。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


結果に責任を持つ教育 ―自在な学習集団―

2017/06/12 20:10
 日本の教育で,明治以来変わっていないこと。
 それは「学級」「教科書」そして「黒板」であろう。
 最も変わってきたこと,それは学習の「目標」と「内容」。
 指導要領の改訂という形で,幾たびの変遷を経過してきた。
 しかし,学習集団(単位,母体)や学習形態(教科書と黒板)はほとんど変わっていない。
 特に学級とか学年という枠組みは不変と言ってよい。
 指導要領に示された学習内容をクリアするために,最も効果的な学習母体は学級や学年なのだろうか?
 例えば,苦手な教科のときは下の学年へ,得意な学習は上の学年と一緒に,といった方法は実現不可能だろうか。
 学習成果の期待だけでなく,もう一つのメリットも期待できる。
 複数の教師がその子の変容をとらえることができること。
 担任一人が見ていくのではなく,多くの教師の目で長期にわたって一人ひとりを評価していく。
 子どもの側から言っても,一日中担任とだけつきあうということはある意味では不幸。
 すぐに手をつけられそうなこととして「教科担任制」がある。
 主要4教科でも教科担任制を導入すべきだと思っている。
 その際,学年内だけでなく,他学年の教師(例えば低中高グループとして設定する)もメンバーとして考える。
 場合によっては教頭や教務主任が6年の算数に行くということがあってもよい。
 私のメモに,加藤幸次氏の次のような文があったので紹介する。
【筆者要約】
 絶対評価は相対評価と原理的にまったく異なるが故に,教育のあり方そのものを変革する一つの契機となりうる。
 それは「学年制教育システム」を「無学年制教育システム」に変革することである。
 教育は同じ暦年令の子どもたちで構成される学級を単位として行われてきた。
 そこには「機会の平等」はあっても,「結果の平等」は見過ごされてきた。
 「機会の平等」という原則のもとに「分からなくてもそこに参加している」という不平等を生み出してきた。
 「学級集団」は暦年令集団であってよい。
 しかし教科学習については別の「学習集団」を編制することが考えられる。
 すなわち,教科学習における「無学年制教育システム」の導入である。
 「結果の平等」に責任を持つ教育システムである。

 加藤氏が言うように,私たち教師は結果に責任を持たねばならない。
 そのためにどんなことができるのか,様々な角度から模索すべきではないか。
 可能性が見つけられたなら,いかに実行していくかを考えるべき。
 少しずつ障害を取り除き,できそうなことがらやってみたい。
 地域・保護者との議論を重ねることも忘れてはならない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


結果に責任を持つ教育 ―自在な学習集団―

2017/06/12 20:08
 日本の教育で,明治以来変わっていないこと。
 それは「学級」「教科書」そして「黒板」であろう。
 最も変わってきたこと,それは学習の「目標」と「内容」。
 指導要領の改訂という形で,幾たびの変遷を経過してきた。
 しかし,学習集団(単位,母体)や学習形態(教科書と黒板)はほとんど変わっていない。
 特に学級とか学年という枠組みは不変と言ってよい。
 指導要領に示された学習内容をクリアするために,最も効果的な学習母体は学級や学年なのだろうか?
 例えば,苦手な教科のときは下の学年へ,得意な学習は上の学年と一緒に,といった方法は実現不可能だろうか。
 学習成果の期待だけでなく,もう一つのメリットも期待できる。
 複数の教師がその子の変容をとらえることができること。
 担任一人が見ていくのではなく,多くの教師の目で長期にわたって一人ひとりを評価していく。
 子どもの側から言っても,一日中担任とだけつきあうということはある意味では不幸。
 すぐに手をつけられそうなこととして「教科担任制」がある。
 主要4教科でも教科担任制を導入すべきだと思っている。
 その際,学年内だけでなく,他学年の教師(例えば低中高グループとして設定する)もメンバーとして考える。
 場合によっては教頭や教務主任が6年の算数に行くということがあってもよい。
 私のメモに,加藤幸次氏の次のような文があったので紹介する。
【筆者要約】
 絶対評価は相対評価と原理的にまったく異なるが故に,教育のあり方そのものを変革する一つの契機となりうる。
 それは「学年制教育システム」を「無学年制教育システム」に変革することである。
 教育は同じ暦年令の子どもたちで構成される学級を単位として行われてきた。
 そこには「機会の平等」はあっても,「結果の平等」は見過ごされてきた。
 「機会の平等」という原則のもとに「分からなくてもそこに参加している」という不平等を生み出してきた。
 「学級集団」は暦年令集団であってよい。
 しかし教科学習については別の「学習集団」を編制することが考えられる。
 すなわち,教科学習における「無学年制教育システム」の導入である。
 「結果の平等」に責任を持つ教育システムである。

 加藤氏が言うように,私たち教師は結果に責任を持たねばならない。
 そのためにどんなことができるのか,様々な角度から模索すべきではないか。
 可能性が見つけられたなら,いかに実行していくかを考えるべき。
 少しずつ障害を取り除き,できそうなことがらやってみたい。
 地域・保護者との議論を重ねることも忘れてはならない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小学校学習指導要領の改訂と学校経営

2017/06/09 20:15
 本日の東書メールより。
 このページはとてもいい。
 ぜひ見ておきたい。

◇ 動画で学ぶ新学習指導要領対応シリーズ
 「私が考える新学習指導要領への提言 小学校編」
   第1回 小学校学習指導要領の改訂と学校経営

 平成29(2017)年3月31日に新学習指導要領が告示されて,全国の小学校では周知・徹底が図られている時期ですが,本シリーズは新学習指導要領を理解し,児童の学習指導に活用していく準備をするために必要な情報を動画でお伝えするものです。
 
                         東京学芸大学教職大学院特命教授 露木昌仙


https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/ten_download/2017/2017048041.htm?utm_source=t&utm_medium=m&utm_campaign=202

          〈クリックで拡大〉
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やってほしくない授業

2017/06/08 20:20
 やってほしくない授業。
 現役の頃の話。
 2年目のN先生の授業を見た。
 ふと,気になった。
 N先生は,子どもが言ったことを繰り返し説明する癖があるようだ。
 「うん,・・・・・・・・・ということだよね。」
 といった調子だ。
 単にくり返すだけ。
 意図があって繰り返す場合は,もちろんある。
 しかし,いつもいつも繰り返していると,子どもが友だちの発言を理解しようとしなくなってくる。
 あとで先が言ってくれるから・・・と。
 発言した子もしらけてくる。
 子どもの発言を全面的に受け入れないで,時にはぼけたり突っ込んだり・・・,というのも一つの技術。
 発言を子どもに返すのだ。
 すると,子どもたちは考える。
 あとでN先生に聞いてみた。
 「繰り返し説明しないと,子どもたちが理解できていないのではないかと不安なんです」
 ということだった。
 何のことはない,自己満足である
 もう一つ。
 こちらも若手のK先生の授業を見たときのこと。
 2年生の算数。
 子どもが黒板に問題を解き,そして説明した。
 「・・・・で,こうなりました。どうですか?」
 「いいで〜っす!」
 「そうですね!これでいいですね。」
 で,次の問題に進んだ。
 教師の発問に対し,
 「・・・・です。どうですか?」
 「いいで〜っす!」
 元気のいい返事である。
 担任もにこにこ顔で,
 「はい,そうです。いいですね」
 で,授業は進んでいく。
 一見,明るく活気ある授業風景。
 しかし,わからない子はどうするんだろう?
 「いいで〜っす!」
 とは言えないだろう。
 わかった子だけを相手に授業を進めているのだ。
 わからない子は置き去り。
 1時間の授業の中でも,「指導と評価の一体化」に取り組まねばならない。
 常に学級全体の理解度を測りながら,未到達児の把握に努めなければならない。
 (もちろん,十分にクリアしている子も)
 先のような進め方では話にならない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


指導と評価の一体化

2017/06/07 20:46
 このブログでよく取りあげる無藤先生の講演から紹介したい。
 「指導と評価の一体化」についての講演だった。

 「指導と評価の一体化が唱えられて久しい。
 しかし,その実践状況は十分ではない。
 いっそうの徹底を望む。」

 また,「忙しくてやっていられない」という声に対して,次のように言われた。
 「PDCAは授業そのもの。これをやらないと授業が成立しない。」

 なかなか厳しい。
 受講メモには次のように書かれてある。

 「ほんとうに評価を生かして,授業やカリキュラムの改善がなされているだろうか。
 クラスを見回して,わからなそうな顔をしている子どものそばに行ってノートを見たり,発言させてみて確認するだろうし,そもそも発問に対してねらい通りの発言が出てこず,挙手すらなくて子どもが戸惑っていたらヒントを出したり,発問を変えたりするだろう。
 それは評価以前の評価として大事であるが,そのことに加えて,評価それ自体を取り出して行い,次にその評価結果を授業の工夫に行かすということが必要なのである。」

 できることから,やれることから,少しずつやってみようという取り組みが求められる。
 実際,自分流にアレンジすれば,それほど面倒なことではない。
 とにかく,やってみること,これが大切なことだと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本気の教育改革論―寺脇研と論客14人が語るこれからの教育

2017/06/06 20:07
 寺脇先生が最近がんばっておられる。
 ゆとり教育の犠牲となって職を辞された。
 このときも官僚のいい加減さを見た。
 その寺脇先生のご著書。
 最近売れているらしい。

◇ 本気の教育改革論―寺脇研と論客14人が語るこれからの教育
                          寺脇 研 (編)  学事出版:刊 ¥2,502

 大阪の「橋下教育改革」、教育再生実行会議と「安倍教育改革」、道徳の教科化、キャリア教育、高校改革、大学改革、高大接続改革、グローバル人材、教育委員会制度見直し、探究型学習、シティズンシップ教育、チーム学校、そしてアクティブラーニング…。近年の教育改革をめぐって、寺脇研と現場・行政・研究者14人が熱く語る。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


 「親子で楽しむ―なるほど!日本史―」 

2017/06/05 20:18
 古くからの友人,松本一夫さんのご著書
  『日本史へのいざない2 考えながら学ぼう』
 岩田書院:刊
 から紹介したい。

 「親子で楽しむ―なるほど!日本史―」 
  さあ,みなさん! 楽しく日本史を学びましょう。
  教科書にはない,意外な問題を出しますよ。
  用意はいいかな?

 これも歴史好きにはたまらないページ。
 例えば,次のような問題。

 「お江戸でござる」ハウマッチ?
  江戸時代の@〜Dは,今のお金にするといくらだったでしょう。
  @夜,明かりをともすための油180ミリリットル
  A江戸市中の郵便料金
  B江戸からお伊勢参り(今の三重県にある伊勢神宮にもう
   でること)に行く費用
  C井原西鶴(いはら さいかく)という人が書いた小説本
   (8冊セット)
  D曲芸などの見せ物の入場料   

 では解答を。
 値段の高い順に…
 第1位B「伊勢神宮へお参りする費用」
   日数にもよりますが,節約して行っても20万円くらいしたようです。神社もうでの他,実際には今と同じく観光も楽しみました。ただ,さすがに庶民では一生に1回がやっとでした。
 第2位C「小説本8冊セット」
   なんと4万円もしました。ただ貸本屋がさかんで,レンタル料は本の値段の10分の1くらいでした。これなら庶民も読めますね。
 第3位@「あかり用の油180ミリリットル」
   高級な菜種油は,180ミリリットル(3日分)で1000円くらいしたので,庶民は買えませんでした。それよ
り約半値の魚油もありましたが,とてもくさかったのです。一般に人々は早寝でした。
 第4位A「郵便料金」
   町飛脚といい,江戸市中でも約800円かかりました。
  今よりずいぶん割高だったようです。
 第5位D「見せ物の入場料」
   450円くらいでした。本格的な歌舞伎だと,大衆席でも2500円くらいしたので,なかなか庶民は入れませんでした。

 どうでしょう。こうやっていろいろな商品の値段を知ると,江戸時代の人々のことが少し身近に感じられるようになったのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明治図書 教育zine より

2017/06/02 20:16
 本日の明治図書メルマガより。
 一読の価値あり!

◇ 教科書の改善―次期学習指導要領を受けて
                               教育zine編集部

          〈クリックで拡大〉
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


特別支援学校学習指導要領等(平成29年4月公示)

2017/06/01 20:12
 本日の文科省メルマガより。
 一通り目を通しておくとよいだろう。

・特別支援学校学習指導要領等(平成29年4月公示)
http://melmaga.mext.go.jp/c/9qv01G8001FA

          〈クリックで拡大〉
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年6月のブログ記事  >> 

トップへ

The 小学校教育 2017年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる