The 小学校教育

アクセスカウンタ

zoom RSS 書籍「 生活・総合「深い学び」のカリキュラム・デザイン 」

<<   作成日時 : 2017/07/20 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 書籍の紹介。
 生活と総合の実践に迷っておられる方,ご一読を。


◇ 生活・総合「深い学び」のカリキュラム・デザイン
                              田村 学 編著 横浜市黒船の会 著
                                東洋館出版 2,160円(税込)
 http://www.toyokan.co.jp/book/b307844.html?utm_source=BenchmarkEmail&utm_campaign=hukai_manabi_desaign&utm_medium=email

 新学習指導要領の告示を受けて、「これからの日本の教育をどのように考えていけばよいか」をプランニングする段階から、「各学校において目の前の子供たちの教育をいかにして充実していくか」をデザインする段階へ移行しようとしています。

 今回の改訂では、実に多くの議論を丁寧に積み重ねてきました。その過程で、これまでにない様々な考え方を世の中に発信、「資質・能力に着目して変化の激しい社会を生き抜いていける子供たちを育てたい」「そのためにはアクティブ・ラーニングの視点に基づいた授業改善が必要だ」、あるいは「いい授業が望ましい形で展開できるためには、新しい視点でカリキュラムをマネジメントしていかなければ…」こうしたとらえや趣旨は、いずれも子供の姿から、その思いや願いを軸として、あるいは新しい教育のありようを求め続けてきた結果として生まれたように思います。

 そして、その推進役となったのは、私たちが長らく携わってきた生活科や総合的な学習の時間です。教育課程全体から見渡したとき、これまで先人たちがつくってきた生活科や総合的な学習の時間の理念や実践が、日に日に世の中に広く認知されていく手応えを感じていたし、だからこそ、生活・総合がカリキュラム・マネジメントの中軸として位置付けられているのだと思います。

そこで、本書では、
 1 「知識・技能」の概念化とは何を意味しているのか?
 2 「深い学び」とは何か?
 3 カリキュラムをどうデザインし、マネジメントすればよいのか?
 この3点を軸に据え、理論と最新の実践の2つの枠組みを通じて一つ一つ明らかにしながら、これからの生活・総合の授業づくりを明らかにします。

          〈クリックで拡大〉
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書籍「 生活・総合「深い学び」のカリキュラム・デザイン 」 The 小学校教育/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる