The 小学校教育

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学校のスタートカリキュラムをいかに進めるか

<<   作成日時 : 2017/08/07 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 無藤先生の書かれた文を紹介したい。
 出典は先生のfacebook。

◇ 小学校のスタートカリキュラムをいかに進めるか。

 新学習指導要領の下で、新たなスタートカリキュラムを作っていく。
 ・「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」の発揮を基本線とする。その上で、三つのポイントがあ
  る。
  1. 子どもとの納得づくで、適応指導と学習規律の確立を進める。子どもは、もとの幼稚園や保育
   園のやり方でどうしていけないかと感じる。そこを説明し、小学校でどうしてそのやり方が必要
   なのか話し合う。
  2. 子どもの力を見定める。幼児期の終わりまでに育ってほしい姿は多少なりとも身に付けている
   にしても、その程度は様々で十分と必ずしも言えない子どもが多い。その後の指導の参考にする。
  3. 教科の芽生えを引き出す。例えば、数量への関心・感覚であり、生活科の学校探検その他で、
   数量への関心・感覚を引き出せる。「体育館は広くて、幼稚園の庭の二倍はあった。校長先生の
   部屋は大きな椅子が一つと、あと、ソファーがあった。」「へー、いいところに気付いたね。どう
   してなんだろう。」

 この、納得と見定めと芽生えを丁寧に行うと、5月以降の登校しぶりが減り、勉強に集中でき、ひい
ては学力が上がっていくと思う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学校のスタートカリキュラムをいかに進めるか The 小学校教育/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる